HOME>トピックス>撮影だからこそルールなどを度外視できるのが特徴

トレンドファッションができる

カップル

成人式の前撮りは、東京においては天候に左右されないスタジオ内あるいは、季節や場所を選ぶことのできるロケーションフォトを選ぶことが可能です。式典は1月ですから、前撮りとなれば春や秋などの季節の風景をバックに挿し込むことがありますが、ロケーションフォトならばリアルな撮影が期待できるのも特徴です。振袖レンタルを利用するか、自前の振袖を持参するか、これによってトレンドのファッションにて撮影ができるか、この違いもあります。振袖は毎年、着物メーカーからバリエーション豊富に新作がお目見えしており、その大半は今年に限定したデザインやカラーです。自前の大半は親譲りといわれており、レトロファッションにて撮影をすることになる、そうした違いがあります。

盛り盛りにできる

女性

東京にて成人式の前撮りを行うにしても、20歳という年齢ですから、まだまだ10代の派手さは健在で、華やかに盛りを強調させることを意識しているようで、そうしたことも可能です。通常なら、式典に出席するために、レンタル衣装も動きやすさに重点がおかれます。前撮りならば、東京で人気のあるメイキャップアーティストだったり、美容師、ネイリストなどにより、華やかに髪や化粧、爪先などを盛っての前撮りができます。髪飾りなども控えめでなくとも問題はなく、よくいう式典でのモラルなどを考える必要がないのは魅力のようです。

広告募集中